本当に疲れを回復するには、「普段から疲れにくい体に作り変えていく」行動を取ること。

元氣な体

こんにちは、「疲れにくい・回復力の高い体にするサプリ・食品を特集!」管理人の片岡です。

 

 

このホームページでは「疲れにくい体にする」というテーマを取り上げています。

 

 

本来なら、「疲れを回復する」となるのでしょうが、本当に「疲れを回復する」というのは、「普段から疲れにくい体に作り変えていく」という行動をしていく必要があります。

 

 

「疲れたら栄養ドリンク」。

 

 

それだけで本当に朝から元気に会社に行けますか?

 

 

栄養ドリンク

「今日は疲れた」と感じた時に、栄養ドリンクを1本飲んで、お風呂に小1時間もつかれば回復するというのなら、そうすればよいと思うのです。

 

 

でも、それだけではなかなか疲れから回復できない、という人はいらっしゃると思います。

 

 

栄養ドリンクは確かに高ければ高いほど、栄養成分が濃縮されていて、体が欲する栄養がある程度は摂れるようにはなっていますが、どちらかというと強い味と、覚醒成分のインパクトでなんとなく「効いた感」を得られるということがあります。

 

 

ですが、普段から疲れやすい、また日々の疲れが蓄積されているという場合は、その場限りの栄養補充ではなかなか疲労回復はできません。

 

 

毎日なんとなく調子が悪く、朝から疲労感を感じているといるという場合、朝から栄養ドリンクを飲んで、それで会社に飛んでいきたがるほどの力は出ませんよね?

 

 

某栄養ドリンクのTVCMは誇大広告とは言わないの?と思います。

 

 

「日々摂り切れていない疲れの蓄積」が大きな体調不良につながる

 

疲れが取り切れない

毎日調子が悪くて、朝から疲労感を感じるのは、日々の疲れが回復しきれなくて、どんどん蓄積しているということを表しているに違いありません。

 

 

小さな疲労でも、その日のうちに取れなければ、蓄積していってしまいます。

 

 

日々の疲れは小さくても、蓄積していくと、なかなか改善できないほど大きくなります。

 

 

そうなると、ちょっと体調が悪いから栄養ドリンク1本飲もう、では何とかなるものではありません。

 

 

しかも、疲労が蓄積すれば、それは体の「抵抗力」や「免疫力」にもいずれかかわっていきますので、別の体調不良となる可能性があります。

 

 

男性なら、うつや男性更年期障害といった何事もにやる気がでない、性欲が湧かないなどといった状態につながることがあります。

 

 

女性なら、生理不順、神経痛などホルモンバランスの崩れなどにつながることがあります。

 

 

このような状態からは、ひどければ病院にという事態にもなります。

 

 

ただ、このような日々の疲れの蓄積からくる体調不良の改善は、いくらかは薬などでその場で強制改善できるでしょう。

 

 

薬に頼る

それでは根本的な解決につながりません。

 

 

日ごろから日々の疲れをこまめに取り、疲れが蓄積しないよう生活改善や栄養改善を意識しなくてはなりません。

 

 

日ごろから日々の疲れをこまめに取り、疲れが蓄積しないよう、生活改善や栄養改善などを心がけなけば、

 

 

「疲労が回復しきれない」 ⇒ 「体調不良に陥り、病気に」 ⇒ 「薬を飲んでも根本的な改善ができない」 ⇒ 「新たな疲労蓄積」 ⇒ …振り出しへ戻る…

 

 

のような堂々巡りに陥ってしまいます。

 

 

「疲れやすい」という自覚がある人は、日々の生活態度が疲れに直結するような状態になっていないか、振り返ってみることが必要です。

 

 

同時に、日々疲れにくい体を作るための栄養補給をしていくことです。

 

 

普段十分に栄養を摂り切れないと感じているなら、健康食品などを活用しましょう。

 

 

栄養は、

 

 

  • 新陳代謝を促すアミノ酸、ビタミン、ミネラルを十分に摂る
  •  

  • 体に溜まる疲れのもと「活性酸素」を還元する成分を体内に普段から摂り込んでいく

 

 

ということを意識しましょう。

 

 

これらの栄養分は、特に野菜、海藻類、果物類などに多いわけですが、毎日まとまっては摂りにくい食材です。

 

 

また、できるだけ生で摂らないと栄養価が落ちるという問題もあります。

 

 

もし疲労蓄積を抱えていたら、より栄養が足りないということになるでしょう。

 

 

その場合は、健康食品などを継続して摂り、確実に栄養摂取による疲労回復と「活性酸素」への抵抗力をつけていくのが良いと思います。

 

 

シェイカーに入った青汁

これらのことから、このホームページには特に

 

 

「じっくりと疲労回復しながら活性酸素への抵抗力をつけていくサプリ・健康食品」

 

 

を掲載します。

 

 

また、合わせて疲労がたまりにくなるためのアイテムや疲労をためにくくするためのコラムなどもどんどん掲載していきます。

 

 

当サイトの主なコンテンツ

新陳代謝をスムーズにして疲れにくい体に!

「疲れを素早く回復するにはまずは新陳代謝を促進すること」解説ページへ

 

新陳代謝をスムーズにするサプリ、健康食品

★消化しにくい糖や油も消化しやすくして、体に脂肪や脂を溜めない。すっきりをもたらします。

『酵素液・酵素サプリ』 体内に脂肪や脂を溜めない

 

★ヒトの体を作るアミノ酸のほどんとを持ち、新陳代謝を高めます。肝臓を元気にする成分が疲労回復!

牡蠣サプリをはじめとした『肝臓サポートサプリ』 新陳代謝を促進する

 

★豊富なクエン酸、穀物の栄養成分が素早く疲労回復力を引き上げる。お手頃価格で続けやすい!

『黒酢系・もろみ酢系サプリ』 お手軽。疲れにくくする栄養補給

 

★植物成分の中では最もアルギニンが多く、特に男性を元気に。不妊対策にも最適。

『マカ』『クラチャイダム』 特に働き盛りの男性に適した成分

 

★成長因子のたんぱく質がホルモンバランスを整えて元気な毎日をもたらしてくれます。元気がない女性に。

『プラセンタサプリ』 元気がない女性に最適な美容・健康サプリ

 

★栄養による3方向からのアプローチでコリをほぐし、さらに美容う成分をチャージしてくれます。

めぐり成分、リラックス成分、エネルギーのもととなる成分が充実。日常の仕事などでの「コリ」の蓄積をほぐして元氣にしてくれるサプリ

 

抗酸化対策を高めて疲れにくい体に!

「抗酸化を促進して疲れにくい、若々しい体作り」解説ページへ

 

抗酸化成分サプリ、健康食品

★体の活性酸素を除去。体の「若返り(アンチエイジング)」を促進して、毎日の疲れにくさを軽減!

「抗酸化」を促進するサプリ 疲れからの回復を素早くする

 

★血液浄化で基礎代謝力、新陳代謝力、免疫力、精力、すべてを底上げ!根本から健康に!

血液浄化の抗酸化成分「サポニン」サプリ 血液をきれいにして疲れにくく!

 

★青物は複数種類の抗酸化成分を豊富に持つ。さらに血液を浄化して、毎日体スッキリ生活!

『青汁』 抗酸化を促進。疲れにくくする力が強い

 

★粒子の細かいアルカリ性の水。若返り(アンチエイジング)、疲労対策に最適。

『アルカリイオン温泉水』が抗酸化力が最も強い水

 

★最も疲労回復力、疲労抵抗力が強い「動物性」抗酸化成分。

疲労に対抗する最も強力な抗酸化成分「イミダゾールペプチド」

 

しっかり休んで疲れを引きずらないことが疲れにくい体作りに大切!よく眠れているかどうか振り返りを。

「ぐっすり眠ってその日のうちに疲れを取ることが健康の秘訣」解説ページへ

 

疲れを残さない。快眠のためのグッズ

『快眠サプリ』 ぐっすり眠る。次の日に疲れを引きずらない。

 

ぐっすり眠るために『寝具の見直し』をしましょう。

 

 

 

2017/07/22 12:47:22 |
こんにちは、片岡です。僕の運営するホームページに「脳 疲労 太る」とか「脳が疲れる 太る」とかいう検索で来られる方がいらっしゃいます。これって頭を使って脳が疲れると代謝が悪くなるとかで太るって意味?いやいや、頭を使って、脳が疲れることは太ることに直接は繋がりませんよ。代謝も悪くなりません。太るのは基本的にはカロリー摂取とカロリー消費の問題です。脳が関わるとすれば、頭が痛くなるような悩みのストレスで体調が悪化。それに対して元気を出そうと食べ過ぎたら太るかもしれません。また、深夜の勉強時に、脳が使うエネルギーの補充をしようと、夜食などをついつい多く摂るとかすると太りやすくなりますね。休憩時間に必ず...
2017/06/29 13:10:29 |
こんにちは、片岡です。疲れにくい体を作るためには、運動を適度にすることがほとんど絶対条件です。運動することは筋力をつける ⇒ 消費エネルギー量の増大を促し、たくさんの仕事量に耐えられる。持久力をつける ⇒ 仕事が佳境の夕方にも元気にてきぱき仕事をこなせ、残業が減る。血行が良くなる ⇒ いつもエネルギッシュで頭がスッキリ。能率的に仕事をこなせる。…上げていくとキリがありませんけども、馬力がついて仕事の能率が上がり、「デキる人材」にもつながっていきます。「無酸素運動」と「有酸素運動」ところで、運動には大きく分けて2種類あります。「無酸素運動」「有酸素運動」です。無酸素運動は、ウエイトトレーニング、...
こんにちは、片岡です。『肉体疲労は筋肉や関節、骨などに体にかかる負荷から生じた「物質疲労」であり、身体に物理的な負荷をかけることで「酸化」からの抵抗力が落ちることで生じることだ。』ということを以前に書きました。抗酸化を促進して疲れにくい、若々しい体作り肉体疲労とは、つまり物理的負担による肉体の酸化なのです。この物理的な負荷がかかり、身体が酸化することに対しては、修復が効きます。それは「疲労物質ファーティング・ファクター」というたんぱく質が生まれることで、身体の酸化が修復不可能な状態になる前に警告を発するからです。この疲労物質に関しては、栄養をしっかり摂り、休息をきちんととることで分泌が増える「...
こんにちは、片岡です。現在、これを書いているのは2017年の4月なんですが、(古くなったら消すかもしれませんもし、商品内容が変わったらできるだけ直しますが、修正が追いつかなかったらすみませんまた、同じような製品が出たら、掲載製品追加するかもしれません。)ほんの1か月くらい前に、肩こり対策特化型のサプリ「なごみ美人」というサプリが出ました。このサプリは『つらいズッシリ肩やダルおも肩に悩む女性のために開発されたサプリメント』とありますが、実際は全身のコリをほぐし、疲労感を和らげてくれることに関して、トップクラスの内容となっていると思いますので、まるまる1ページ上げていこうと思います。このサプリのす...
2017/03/27 17:54:27 |
こんにちは、片岡です。以前に「疲れやすい体にしないために。糖分の摂取を控えめにしましょう」という記事を書きました。「疲れやすい身体にいい糖質の高い食品は何ですか?」という質問に答えたものです。昔から疲れたら糖分を取ろうと言われていることは事実です。糖分はもっとも効率よくエネルギーになるためです。エネルギーは糖質、たんぱく質、脂質がもとになりますが、その使われる順番は、糖質 ⇒ たんぱく質 ⇒ 脂質です。有酸素運動は汗ばむ程度に、40分以上したほうが良いなんて言われるのは、運動を始めて15分 ‐ 糖質運動を始めて15分〜30分 - 糖質、たんぱく質運動を始めて30分以上 - 糖質、たんぱく質、脂...
2017/02/05 12:05:05 |
こんにちは、片岡です。僕の運営しているホームページに「缶コーヒーは体調が悪くなりやすいのか?」というフレーズで検索してこられた方がいらっしゃいます。今日はこれについて書いていきます。缶コーヒーは体調が悪くなりやすいかって、1日1缶飲むくらいでは体調にほとんど影響はありませんね。コーヒー自体が体調を悪くするということはあまり考えられませんコーヒーを飲んで健康に問題があるとしたら、コーヒーはかなり強いカフェインを持ち、常習性があるため飲み過ぎてしまうことコーヒーを飲んで健康に問題があるとしたら、コーヒーはかなり強いカフェインを持ち、常習性がありますので、飲み過ぎてしまうことです。飲み過ぎると、カフ...
2017/01/15 21:05:15 |
こんにちは、片岡です。僕の運営するホームページに「疲れやすい身体にいい糖質の高い食品は何ですか?」というフレーズで検索してこられた方がいらっしゃいます。糖質の高い食品というのは糖分の多い食品ということになると思います。糖分の多い食品は疲れやすい身体にします。疲れにくくするということにはなりません。ちょっと誤解があると思います。疲れやすい体を疲れにくく変えていくには、あまり糖分の多いものを摂らないほうが良いと思います。全然摂ってはいけない、ということではありませんが、チョコレートを食べることなどを習慣化しないほうがよいですよ。「疲れた時に甘いものを食べると回復が早い」とはいいますが、現代ではほと...
2016/12/25 13:24:25 |
こんにちは、片岡です。僕は血圧を下げる薬を処方されていますので、高血圧には詳しいです(´-ω-`)僕の運営するホームページに「高血圧 血行不良 眠気」というフレーズで検索されてこられた方がいらっしゃいます。高血圧による眠気を何とかしたいということでしょうか。高血圧自体が眠気の直接的な原因にはなりません。高血圧というのは、心臓のポンプの圧力が高い状態です、そして、脈にも血管にも、常に高い圧力がかかっているわけです。高い圧力が各所にかかっているっていることは、交感神経が高ぶり、身体の各器官が覚醒しているということです。人はなかなかリラックスできなければ、本格的な眠気を感じることはできないので、この...
こんにちは、片岡です。「まだ若いのに(30代に入ったばっかなのに)疲れる。」「朝、会社に行くのがだるくて仕方がない。」「休みの日は午前中はほとんど布団の中で過ごしてしまう。」「運動不足なのか太ってきたように思うけども運動がおっくうでできない「野菜不足なのはわかるんだけど、なかなか増やせない。」「付き合いでお酒、たばこの量がなかなか減らせない」などといったことが男性の場合、多いと思います。男性は、女性よりもある意味疲れやすくて、滋養強壮剤の消費はほとんど男性だと思います。精力剤も男性のものばかり。まあ、女性は「精」という字は関係がないのですけどね…会社に拘束されている男性は精神的な疲労感の原因で...
2016/11/10 17:50:10 |
こんにちは、片岡です。僕の運営するホームページに「疲れから回復するには甘酸っぱい食べ物を食べればよいのでは?」という質問?というか意見が来ました。そうですね、昔から疲れたら甘酸っぱいものを摂れといいますし。まあ、それは合っているといえば合っているとは思いますが、それにしてもそれくらいでは十分な疲れが取れないと思いますし、ましてや疲れにくい体は作れるのかな?と思いますね。クエン酸入りのキャンディーを舐めれば疲れがリセットできるならいいんですけどね(笑)酸っぱいものを食べるというのは「クエン酸」を摂るということにほかなりません。クエン酸を摂るメリットというのは、クエン酸はエネルギーとしてそのまま燃...