筋トレはそもそも疲れを取るためにやるものではないと思います。

こんにちは、片岡です。

 

 

僕のホームページに「筋トレ 疲れが取れない 続かない」という検索フレーズで来られる方がいらっしゃいました。

 

 

筋トレは疲れを取るためにやるものではありません…。

 

 

このホームページでは何度も言っているのですが、疲れには2種類の性質があるものです。

 

 

1つは「肉体疲労」です。

 

 

過度な筋肉や循環器への負荷で、疲労物質「ファティーグファクター(FF)」が溜まっている状態です。

 

 

疲労物質「ファティーグファクター(FF)」は体を酸化させ、物理的な疲弊をもたらします。

 

 

もう1つは体調不良からくる「疲労的感覚」です。

 

 

肉体疲労に関わらず、倦怠感を感じ、やる気がでなかったり、体に力が入らなかったり、起きられなかったりします。

 

 

この2つのことは、似ているようで全然違うんですよね。

 

 

で、筋トレは、純粋に筋肉を強くするか、贅肉を筋肉に変える、また基礎代謝を大きくして、シェイプするなどの目的を行うものですが、本来疲れを取るためするという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

 

 

疲れを取るために有効なのは有酸素運動のほうです。

 

筋トレは、もし普段鍛えて、筋力が十分あれば、確かに疲労回復からは早くなります。

 

 

それは負荷への「耐性」が上がるからですね。

 

 

ただし、毎日、無計画に筋トレすることで、筋肉の疲れをずっと引きずると、ずっと疲れたままになってしまう傾向があります。

 

 

トレーニング疲れ

筋トレは、毎日毎日適当な量をやるというのはあまりよくはありません。

 

 

実際は運動で疲労回復に効果的なのは、無酸素運動の筋トレではなくて、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動のほうです。

 

 

ウォーキングやジョギングなどは、毎日やることで、血行促進し、筋肉や関節などをほぐし、また精神的なリラックスを与えてくれる効能があります。

 

 

激しくやってはダメです。

 

 

楽しく、汗をかくことができる程度にやったほうがいいですね。

 

 

たとえば、ウォーキングなら30分から1時間程度が目安。

 

 

自転車なら30分程度というところでしょうか。

 

 

この辺りの有酸素運動は、運動前にきちんとストレッチなどをして、筋肉や関節を伸ばしておけば、それらを痛めることはなく、疲れよりは心地よさのほうを感じる人が多いのではないでしょうか。

 

 

やり過ぎれば、当然、疲労のほうが溜まるのは、筋トレと同じですけどね。

 

 

筋トレはトレーニングの質によって、ずっと疲労を引きずってしまいます。

 

筋トレは、トレーニングの本質が、筋肉に負荷をかけ、そのあとで十分急用を取ることで、以前よりも1段階上への回復をすることで、強さを少しずつ増していくことです。

 

 

トレーニングは限界ぎりぎりまで負荷をかけますが、それから後は完全に疲労が取れるまで、休息します。

 

 

完全回復には数日間かかることもあります。

 

 

よって、筋トレは、

 

 

  • 限界ギリギリの負荷で、限界ギリギリの追い込み方をすること
  •  

  • トレーニング後は完全休息で、疲れから回復するために何日かはトレーニングの間をあける

 

 

ということが必要になってくるのです。

 

 

毎日毎日筋トレすると、筋肉の疲労がなかなか取れなくて、ずっと回復できないということが多いです。

 

 

筋肉の質は上がってきません。

 

 

さらに、疲れが取れない上に、新しい負荷もかかるので、きつくて億劫になり、続かない要因になります。

 

 

肉体疲労がずっと続くのは、当然いいことではありません。

 

 

筋肉トレーニングはただ根性で多い回数をこなせばいいというものではないのです。

 

 

続けやすいと思う方法は人の性格や環境により違うと思います。

 

肉体改造をして、基礎代謝量を底上げするには、筋トレがよいです。

 

 

でも、上にも書いたように疲労からの回復力をつけるには、毎日有酸素運動を繰り返したほうが良いですね。

 

 

ウォーキングくらいなら、さほど体の負荷にはならないので、筋トレよりは続きやすいんじゃないですかね?

 

有酸素運動

もし疲れにくい体を作る、疲れやすさから回復するために運動を取り入れたいという場合は、無理ない有酸素運動から始めたほうがよいですよ。

 

 

負荷をかけるよりは、長く楽しく続けられることを考えて始めましょう。

 

 

僕としては、ジムでルームランナーなど有酸素運動用のマシンを使ったり、プールを使ったりしたほうが続きやすいと思います。

 

 

一人で走ってたり、歩いたりしてると、なんとなくすれ違う人の視線が気になるし、恥ずかしいのでなかなか続かないんですけど、ジムなら皆運動のために行ってるし、目立つことはないので、雰囲気的に続けやすいと感じています。

 

 

もっとも、ジムのほうが行くのが面倒で続けにくいっていう人もいると思いますが、まあ、そのあたり、どうやったら本当に続くのかは、個々で考えていただくしかないです。

グレー枠内の評価についてはこちらのページで解説しています。

※「疲れにくい体にする」それぞれの食品などの簡潔なまとめはトップページに記載しています。
下のバナーからトップページにアクセスしてください。 ↓↓↓↓
トップページに戻る