ぐっすり眠ってその日のうちに疲れを取ることが健康の秘訣

週末は疲れを取るのではない。「リフレッシュ」。

こんにちは、片岡です。

 

 

僕の経験から、疲れたと思ったら、できる限りその日のうちに取るということを徹底したほうがよいです。

 

 

肉体疲労は、毎日こまめに取らないと、けっこう蓄積していきます。

 

 

週末にまとめて疲れを取ろう、という考え方もあり、それは実際正しいですが正しくはありません。

 

 

正しくは、週末は疲れを取るのではなく、「リフレッシュする」というのが正しいのです。

 

 

森林浴でリフレッシュ

肉体疲労というのは、けっこう精神的な疲労もセットでして、強い疲労感を伴う仕事は、精神的なダメージも結構受けてます。

 

 

肉体疲労は、2,3日あれば取れるものなんですが、精神的な疲れは「リフレッシュ」させないといけませんね。

 

 

精神的な疲れを残したままだと、肉体疲労も回復しきれない「感じ」が残ります。

 

 

実際は回復していても…

 

 

精神的な疲れも肉体疲労もけっこうごっちゃになってしまって、来る平日の仕事にビビって休日動かなさすぎていると、リフレッシュできずに疲労感はむしろ溜まっていきます。

 

 

それが体調不良、精神、体力、両方の「酸化」を著しく進めてしまいます。

 

 

休日は「リフレッシュさせる」ために無理矢理でも何かしたほうが良いですね。

 

 

休日にリフレッシュするための活動ができるよう、毎日「快眠」でこまめに疲れを取る。

 

さて、休日に動く気力がでる、休日の活動を楽しみにできるように、日々の疲れをしっかり取っていくことが大切なわけですが、肉体疲労を取るために最も大切なのが「快眠」ですね。

 

 

ヒトの生理機能は、しっかり眠っている間に、成長ホルモンや疲労物質を消去するための物質を作り出すようになっています。

 

 

また、体調の調整をするのも眠っている間のわけですが、ヒトの体は体内時計があり、夜間22時ごろから2時くらいの間に最も活発に体調を整え、修復するためのホルモンを分泌するとされます。

 

 

これらのホルモンは眠らなくては分泌されないというわけではありませんが、ホルモンが十分分泌されて、確実に体調を整えていくためには、上記の時間に深い眠りについたほうがいいとされます。

 

 

そんなに早く眠れない、という人も、さすがに平日ともなれば、少なくとも午前様になるくらいにはベッドに入るべきですね。

 

 

寝醒めスッキリ

生理機能の調整量、新陳代謝量、成長ホルモンの分泌量などの関係から、睡眠時間は高年齢ほど短い傾向にあります。

 

 

高年齢だと、疲れやすいのですが、すぐ疲れるだけに疲れの質が浅いので、回復の手間もさほどかかりません。

 

 

ただ、すぐ疲れますけどね。

 

 

若いうちほど睡眠時間は長くなるのが普通なのですが、最近では若年層ほど、夜更かしして寝ない傾向にあるので、体調不良が蓄積してしまいます。

 

 

健康な人、不健康な人の差が大きいのが問題です。

 

 

夜半になれば眠くなると思うから、それまで起きていようとは思わないことです。

 

 

それこそ疲労が回復しない原因となります。

 

 

無理矢理にでもベッドに入ることです。

 

 

その際、眠りに落ちやすい工夫をすることですね。

 

 

  • 就寝前1時間は部屋を暗くして、TVやパソコンなどをせず、精神を落ち着ける音楽を流すなどする。
  •  

  • 寝る前に熱めの風呂に入り、体温を大きく下げることで自然に眠くなるようにする。

 

 

このようにしましょう。

 

 

「どうしても眠れない」「疲れをずるずる引きずってしまう」という言う人は「眠るためのアイテム導入」を検討してください。

 

なお、それでもなかなか眠れない、という人は、もしかしたら「眠るための栄養不足」かもしれません。

 

 

枕や寝具が合わないのかもしれませんね。

 

 

「よく眠る」ために根本的な何かが欠けているのかもしれません。

 

 

よく眠れるということは本当に幸せなことで、ベッドに入るのを待ちわびているという人はいらっしゃると思います。

 

 

反対に眠りが浅いために、特に眠ることが嬉しいとは感じないという人もいらっしゃるでしょう。

 

 

よく眠れるというのはものすごい快感なのですが、それを感じられない人はあまりに多いと思います。

 

 

よく眠れていないかもという方は、栄養、寝具などに目を向けてみるということも必要かもしれません。

 

 

サプリも寝具もですが、しっかり眠りにこだわっていいものを取り入れると、全然疲れの取れ方が違いますね。

 

 

かなりびっくりしました。

 

 

本当にその日の疲れはその日のうちに、ということが可能になりますよ。

 

 

このカテゴリでは、ぐっすり眠るために、スパイスとなるアイテムとして、「快眠サプリ」「快眠のための寝具選び」についての商品を掲載します。

 

 

ぐっすり眠ってその日のうちに疲れを取ることが健康の秘訣記事一覧

こんにちは、片岡です。疲れからきちんと回復するためには、いかに「睡眠」が大切であるか、ということを、下記ページ「ぐっすり眠ってその日のうちに疲れを取ることが健康の秘訣」で説明しました。「睡眠がいかに健康に大切なのか分かった。でも、わかってはいるけど、なかなかぐっすりとは眠れずに、いつも疲れを引きずってしまう…」そんな悩みをお持ちの方は多いと思います。質の良い眠りを取りたいけども、仕事の時間の関係や...

こんにちは、片岡です。疲れからきちんと回復するためには、いかに「睡眠」が大切であるか、ということを「ぐっすり眠ってその日のうちに疲れを取ることが健康の秘訣」で説明しました。そこで、「栄養補給」「寝具の見直しをしてはどうか」ということを提案しました。「栄養補給」に関しては、「次の日に疲れを引きずらない。ぐっすり眠る『快眠サプリ』」で説明していますが、結構無理矢理なところがあります。無理矢理、栄養素で...