40代の疲れやすさは回復力の低下による

こんにちは、片岡です。

 

 

僕のホームページには「疲れやすい 原因 40代」とか「疲れやすい 原因 30代」という検索フレーズで来られる方がいらっしゃいます。

 

 

この場合の「疲れやすい」ってどんな状態なんでしょうか。

 

 

肉体疲労でしょうか。

 

 

精神的な疲れというか、頭のてっぺんから、体全体が「けだるい」ということなんでしょうか。

 

 

疲れやすい

肉体疲労とは、激しい運動、激しい肉体労働を行ったことで、筋肉に肉体疲労物質が蓄積してしまうことで起こります。

 

 

長らくこの肉体疲労物質は「乳酸」と言われてきましたが、現在では「FF(ファティーグファクター)」という物質であることが判明しています。

 

 

また、体のけだるさは、体の血行不良により、栄養や酸素がスムーズに運ばれず、細胞の新陳代謝がなかなか進まない状態になることで感じるようになります。

 

 

脳を活発に動かすにも、筋肉を強く大きく動かすにも、酸素とエネルギーが多く必要となりますが、それが足りなければ、脳も筋肉もうまく動かすことができません。

 

 

その状態が「だるい」という形で、脳が理解しているのです。

 

 

まあ、30代、40代になると、肉体疲労にせよ、「けだるい」感覚にせよ、20代のころとは全然違った形で襲ってきます。

 

 

20代の頃は、大体「疲れた」といえば、「肉体疲労」で、それこそ栄養ドリンクでも飲んで、少し寝転がっておけば、気分も楽になって身体に染み渡るように力がよみがえってきたものです。

 

 

でも、30代、40代になると、とかく回復力が落ちてきます。

 

 

肉体疲労も栄養ドリンクを飲んだくらいではダメですね。

 

 

蓄積してしまうような感じです。

 

 

「けだるさ」は20代ではあまり感じなかったという人が多いのではないでしょうか、30代になると、出てきやすくなります。

 

 

40代ではなおさらですね。

 

 

これは「肉体疲労から回復しきれない状態」といえるのです。

 

 

逃れられない「老化」に少しでも抵抗するには?

 

「肉体疲労」や「けだるさ」が30代、40代になると大きくなって、回復しづらくなるのは、当然「老化」なのですが、特に20代で作ることができたアミノ酸が体内で作られなくなり、代謝しづらくなってくるのが最も大きな原因だと思います。

 

 

また、30代に入ると、体の「酸化」に対する抵抗力が一気に落ちてしまいます。

 

 

これは成長ホルモンの生成力が弱まるためなのですが、まあ、すべての原因は「老化」なんですよね。

 

 

生きている限りは「老化」を逃れることができません。

 

 

どれほど鍛えても、「老化」は訪れます。老化は見た目の個人差があると言っても、30代になれば、上記のように体内で作られなくなる代謝物質が増えることはすべての人に共通しています。

 

 

30代、40代では例外なく20代より「肉体疲労」からの回復力は低下しますし、「けだるさ」が襲ってくるようにやりやすくなるのです。

 

 

これはただ普通に生活しているだけではどうにも改善することはできません。

 

 

だれでも老化に完全に逆らって、時間を逆戻りさせることなんてできないんです。

 

 

できることといえば、できる範囲内で、代謝を促す成分を外部から補給し、また酸化に抵抗する成分を多く摂ることを意識するほうがよいですね。

 

 

血行促進成分と抗酸化成分を摂りましょう。

 

代謝を促す成分と言えば

 

 

  • 30代以降、体内で作られなくなる必須アミノ酸「アルギニン」
  •  

  • 亜鉛、鉄などのミネラル類
  •  

  • ナイアシンやニコチン酸アミドなども含むビタミンB群

 

 

などですね。

 

 

これらの成分を摂れるサプリなんかを摂るようにすると、エネルギー代謝がスムーズになります。

 

 

これらは栄養素なので、常習性もありません。

 

 

新陳代謝を促進するサプリ一覧ページ

 

 

また、血行促進成分なども摂るとよいでしょう。

 

 

シトルリン、イチョウ葉など血管を膨張させる作用のある成分はもちろん、ヒハツ、ニクジュヨウ、高麗人参などの生薬成分、また、植物発酵エキスなどの酵素食品、アミノ酸豊富な黒酢などは血液代謝を促進することで血行を良くしてくれます。

 

 

最後に大切なのは、抗酸化成分です。

 

 

お茶に含まれるフラボノイド「カテキン」やポリフェノールが多い、赤ワイン(レスベラトロール)、にんにく、マカ、クラチャイダムといった食品は酸化つまり老化の進行を緩やかにしてくれる抗酸化食品です。

 

 

これらを多く摂ることを心がけて生活すれば、いざというときに踏ん張りが効く感覚が得られやすいです。

 

 

抗酸化を促進するサプリ一覧ページ

 

 

上記のようなものを意識して摂り、適度に体を動かせるようにすることが、30代、40代をすぎると必要になってくると思います。

 

 

30代、40代では必ず体力は落ち、疲れの感覚も大きくなってくるものですが、それに対して対策を取るかとらないかでも全然疲れ方はもちろん、酸化(老化)スピードが違ってきます。

 

 

30代、40代をなるべく若々しく乗り切るように食事、運動に特に気を配り、積極的に健康食品などを取り入れてもいいと思います。

当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

※「疲れにくい体にする」それぞれの食品などの簡潔なまとめはトップページに記載しています。
下のバナーからトップページにアクセスしてください。 ↓↓↓↓
トップページに戻る

 

関連ページ

疲れやすくていつも眠いのは低血圧だから?
僕のホームページには「疲れやすい 眠い 低血圧」という検索フレーズで来られる方がいらっしゃいます。疲れやすくて、眠いのは、低血圧だからなんでしょうか?
なぜ心臓が悪いと疲れやすいし眠くなりやすい?
僕の運営するホームページに「心臓が悪いと疲れやすいし眠くなりやすいのか?」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。 自分の体験からその理由を書いていきます。
事務作業・デスクワークは特定部位の血行を圧迫。血行改善に注力を。
事務作業・デスクワークは特定部位の血行を圧迫し代謝力を奪います。これは疲れやすくなるだけではなく老化の元。血行を良くすることに注力しましょう。
高血圧は血行不良を呼び、慢性的な眠気をもたらします
僕の運営するホームページに「高血圧 血行不良 眠気」というフレーズで検索されてこられた方がいらっしゃいます。高血圧による眠気を何とかしたいということでしょうか。
頭を使って脳が疲れたら太りやすいんですか?
僕の運営するホームページに「脳 疲労 太る」とか「脳が疲れる 太る」とかいう検索で来られる方がいらっしゃいます。