低血圧で眠気がどうしても取れない。改善方法は?

寝起きが悪いのは、どちらかというと眠りに就くときの問題。

こんにちは、片岡です。

 

 

僕の運営するホームページに「低血圧 眠気 改善」という検索フレーズで来られる方が結構いらっしゃいます。

 

 

  • 低血圧だから朝起きたばかりなのに眠くなるのか。
  •  

  • 低血圧だから朝スッキリ起きられないのか。

 

 

たしかに、低血圧の方はあまりスッキリした寝起きが迎えられない方が多いと思います。ただ、それは起きるときというより、どちらかというと眠るときの問題であることが多いのです。

 

 

「ノンレム睡眠」時に無理矢理起きなくてはならないから寝起きが悪い。

 

寝起きは寝付きが大切

眠りには「レム睡眠」「ノンレム睡眠」という2種類の眠りがあるのはご存知ですよね?

 

 

聞かれたことくらいはあるのではないでしょうか。

 

 

「レム睡眠」は浅い眠り。

 

「ノンレム睡眠」は深い眠り

 

です。

 

 

眠っている間、ノンレム睡眠とレム睡眠とは交互に訪れます。

 

基本的には眠りについてから

 

 

  • ノンレム睡眠を80分~60分
  •  

  • レム睡眠を30分~10分
  •  

  • これを4~5回ほど繰り返す

 

 

のです。

 

 

4回で眠りについてから約360分。6時間です。

 

 

5回では眠りについてから約450分。7時間半です。

 

 

つまり、眠りは6時間、または7時間半を標準とします。

 

 

そして、眠りの浅いレム睡眠時に起きられるなら、スッキリと起きられるのです。

 

 

スッキリ起きられない、という人は、ノンレム睡眠時に、目覚ましで無理矢理起きているということが多いのではないでしょうか。

 

 

というのは、ノンレム睡眠は

 

 

・体温が低下している

 

・血圧が低下している

 

・脳が動いていない

 

 

と、スッキリしない要素を満たしている眠りだからです。

 

 

ノンレム睡眠時に無理矢理起きようとすれば、頭が働かず、スッキリしないのは当然なのですが、この状態を単に「低血圧だから」と一言で片づけてしまう節があると思います。

 

 

これは低血圧が問題であるというより、ノンレム睡眠時に無理矢理起きようとするのが問題なのです。

 

 

眠りの時間配分を調整する。

 

できればレム睡眠時にスッキリと起きられるよう、眠りの時間配分をきちんとすれば寝起きが悪くて頭がボーっとする、だるいということは少なくなってくるはずなのですね。

 

 

ただ、いくらレム睡眠の時起きれば、スッキリ起きられるといっても、睡眠のサイクルがたった2回、3回で起きようとするならば、それは睡眠時間が少なすぎて十分に疲れを癒し、生理的な調整、ホルモンの分泌がスムーズに行えず、健康に悪いです。

 

 

やはり、少なくとも4回。できれば5~6回の睡眠サイクルが繰り返せればベストです。

 

 

つまり6時間、7時間半程度の眠りがあれば健康に良いということが言えます。

 

 

寝付きが悪ければ眠りの時間配分がうまく働かない。

 

ただし、入眠、つまり寝付きが悪れば、この睡眠サイクルをうまく使うことができません。

 

 

6時間睡眠を摂ろうとしたけども、眠りにつくのに1時間かかったら、間違いなくノンレム睡眠時に起きざる得ないことになるわけです。

 

 

寝付きが悪い人は自分がベッドに入り、いつ寝付けるのか、なかなか予想できない人が多いと思います。

 

 

寝付きが悪いこと。それが実は朝スッキリ起きられない一番の原因です。

 

 

低血圧気味の人は身体が温まらないから寝付きが悪い。

 

低血圧気味の人は、寝付きが悪い傾向にあります。

 

 

人の体は、十分に温まり、体温と頭部の温度との差が開くと眠くなるメカニズムがあります。

 

 

湯につかり、身体が温かいうちに布団に入れ、と言われるのは、身体と頭部の温度差で寝付きが良いとされるからなのです。

 

 

低血圧気味の人は布団に入ってもなかなか身体が、特に末端部が温まらないため寝付きが悪いのです。

 

 

寝付きが悪い人は、

 

 

  • 睡眠時間が十分に取れず、生理的調整が足りない。疲れが取りきれない
  •  

  • ノンレム睡眠時に無理矢理起きることが多くなり、スッキリ起きられない

 

 

ということになるのです。

 

 

低血圧の人が寝起きを「しっかりと」改善するには?

 

では、低血圧の人が「寝起き」を「劇的に」良くするのはどうしたらいいのか。

 

 

それは身体が十分に温まりやすい状態になっているときにベッドに入る。ということを徹底することでしょう。

 

 

また、寒い日は電気毛布などで寝具自体を温めておく、ということもありですね。

 

 

ただ、帰りが遅い日が多く、お風呂になかなかお湯が張れない、という悩みを持っている方も多いと思います。

 

 

そのような人は、もう寝付きを改善するためのサプリなどを活用したほうが手っ取り早いと思います。

 

 

快眠サプリは天然成分で、血行を促進するサプリでもあるので、健康にいいです。

 

 

低血圧で…という方、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

尚、新陳代謝を活発にして、血行を良くする方向性を持つ健康食品としては「酵素液」や「プラセンタサプリ」「黒酢系のサプリ」などもそうなのです。

 

 

でも睡眠に限定したところではやはり「快眠サプリ」ほどの力はないなと思いました。

 

 

入眠を助け、朝の「寝起き」を改善する目的の「快眠サプリ」

必須アミノ酸、ハーブ、めぐりアップ成分など快眠を誘う成分バランスが最も優れた快眠サプリ。これだけ入れば体調改善必至!?

潤睡ハーブ


★必須アミノ酸をすべて含み、抗酸化力のとても強いクロレラをベースにしたサプリ。クロレラはトリプトファン、グリシン、グルタミンなど、眠りのホルモンを出させるアミノ酸として有効ですが、それらをバランスよく含みます。
クロレラは牡蠣やしじみなどの動物性素材よりもアミノ酸量が優れた珍しい植物素材です。


★安息、落ち着きを与えて眠りのホルモンの分泌をしやすくしてくれるアミノ酸「ギャバ」を独自の発酵技術により高純度抽出。濃縮配合。


★ギャバとの相性の良い落ち着きのハーブエキス「ラフエキス」、眠りを誘うというハーブ「クワンソウ」を高濃度配合。


★めぐりの素材「金時ショウガ」配合。ショウガのショウガオール、ジンゲロールはめぐりをよくし、手足の冷えを緩和。
冬に特に手足が冷たくなってなかなか寝付けないというかたをサポートします。あまり「めぐり」にまで気をつかっている快眠サプリはなく、特に女性にお勧めです。


★定期便初回は税込1980円。2回目以降税込3990円。さほど高くはなく、手が出やすいですね。
10日間返金保証もしているので、体に合っているかどうかを試してから定期便を続けられます。良心的。


評価:星5
睡眠系サプリはまずこれから。眠りの成分が最も充実していて、価格も良心的。お試しができるのが良いですね。


「潤睡(じゅんすい)ハーブ」の公式ページで詳細を見る。

 

 

メーカー独自に突き止めた休息素材「アスパラガス」を凝縮。さらに安息ハーブ成分、アミノ酸を高配合した高品質サプリ。アスパラガスエキスの休息サプリは特許出願中。

北の大地の夢のしずく


★東証2部上場企業「北の達人コーポレーション」研究員がたどり着いた快眠成分は「アスパラガスエキス」。
新鮮なアスパラガスを酵素処理、熱水処理。濃度の高いサプリに。アスパラガスエキスは特許出願。


★休息のためのホルモンを分泌させ、精神を落ち着けるアミノ酸「ギャバ」、リラックスハーブと言われる「クワンソウ」のエキス等を配合。


★エネルギー代謝を高める果糖、ブドウ糖、クエン酸などの単糖、ビタミンB群など配合。


★グレープフルーツ果汁が入って飲みやすい風味。


★定期便はコースにより最大20%OFF。単品でも1か月分税別3790円とかなり手頃です。


評価:星4
東証一部上場企業のブランド力…ですが他と全然違うオリジナル成分なのでお試しをさせてほしいですね…できたら。価格は控えめでよいと思います。


「北の大地の夢しずく」の公式ページで詳細を見る。

 

 

他、快眠サプリ一覧はこちらのページへ。

グレー枠内の評価についてはこちらのページで解説しています。

※「疲れにくい体にする」それぞれの食品などの簡潔なまとめはトップページに記載しています。
下のバナーからトップページにアクセスしてください。 ↓↓↓↓
トップページに戻る