疲労に対抗する最も強力な抗酸化成分「イミダゾールペプチド」

肉体疲労とは「酸化」です。

こんにちは、片岡です。

 

 

『肉体疲労は筋肉や関節、骨などに体にかかる負荷から生じた「物質疲労」であり、身体に物理的な負荷をかけることで「酸化」からの抵抗力が落ちることで生じることだ。』

 

 

ということを以前に書きました。

 

 

抗酸化を促進して疲れにくい、若々しい体作り

 

 

肉体疲労とは、つまり物理的負担による肉体の酸化なのです。

 

 

この物理的な負荷がかかり、身体が酸化することに対しては、修復が効きます。

 

 

それは「疲労物質ファーティング・ファクター」というたんぱく質が生まれることで、身体の酸化が修復不可能な状態になる前に警告を発するからです。

 

 

この疲労物質に関しては、栄養をしっかり摂り、休息をきちんととることで分泌が増える「疲労回復物質ファーティング・リカバリーファクター」というたんぱく質が打ち消していきます。

 

 

同時に、酸化した部分を新陳代謝により回復させていくのです。

 

 

肉体疲労は悪いことばかりではありません。トレーニングとは疲労を上手く使うことです。

 

肉体疲労というのは悪いことではありません。

 

 

肉体疲労は回復可能な酸化状態です。

 

 

酸化から回復するたびに、以前の酸化に対して抵抗しようと、少し強い回復力を実現しようとするのです。

 

 

筋力トレーニングのようなトレーニングはこの肉体の「自己治癒能力」ともいえる疲労回復システムをを活用しているのです。

 

 

肉体をイジメることと、疲労した肉体を回復することを繰り返します。

 

 

イジメるだけでは筋肉は大きく、回復力は強く、疲労しにくくはならないのです。

 

 

しっかりイジメたらしっかり回復させなくてはなりません。

 

 

筋肉トレーニングは、毎日軽いトレーニングを欠かさずやるということではなかなか筋肉が大きくなったりはしません。鈍い疲れがたまっていきます。

 

 

1日筋肉に大きな負荷をかけるトレーニングをしたら、2日はしっかり休んで疲れた肉体を回復させることで、筋肉は強く大きくなっていくのです。

 

 

これはもう世界のアスリートの常識なわけですけどね。まだ日本では、高校なんかの部活では土日も試合や練習試合、平日は休みなしで練習なんてとこもありますよね。

 

 

成長期にそんな無茶をするのはホント良くないんですけどね…って、若いからなんとか持ってるんでしょうけど、このような活動の仕方をするクラブはたいして強くなかったりします。

 

 

疲れが取れずにダラダラやってしまいがちなわけです…

 

 

肉体疲労対策にはあらかじめ抗酸化成分を摂るようにしておくというのが良い。とんでもない強力な抗酸化成分とは?

 

ところで、「肉体疲労」は「酸化」なわけですから、あらかじめ抗酸化成分を摂るようにしておくというのが良いわけです。

 

 

ということで、このホームページには抗酸化成分が入り、肉体疲労に対抗し、持久力を底上げするような栄養を含むサプリや健康食品を掲載しています。

 

 

その抗酸化成分では、肉体疲労からの回復、肉体疲労しにくい体にしていくのに最も強力なものとしてここに紹介するのが、「イミダゾールジペプチド」です。

 

 

イミダゾールジペプチドは1万kmという距離を旅行する渡り鳥の胸肉に多く含まれる抗酸化成分だということです。

 

 

渡り鳥

 

 

また、動物はイミダゾールジペプチドを大体持っているのですが、特に多いのが、長距離を飛ぶ渡り鳥や、高速道路を走る自動車並みの猛スピードで泳ぐクロマグロの背びれなどに多く含まれるとのことです。

 

 

参考:イミダペプチド成分(イミダゾールジペプチド)とは

 

 

このイミダゾールジペプチドを研究、疲労に対抗する強力な抗酸化成分としての研究を進め、ドリンクやサプリメントとして商品化した会社が「日本予防医薬」

 

 

その親会社は総医研ホールディングズという東証マザーズ上場の信頼ある企業です。

 

 

尚、もともと総医研ホールディングズは大阪大学医学部から発足した企業ということです。

 

 

このイミダゾールジペプチドはこのように途方もないエネルギーを使い、途方もない負荷をかける動物の可動部に多く存在しているということで、有望な疲労回復成分ではないかと研究されてきました。

 

 

そして、イミダゾールペプチドのドリンクに関しては「機能性表示食品」として消費者庁に受理されたとのことです。

 

 

「機能性表示食品制度」に則した、科学的な研究データを提示し、

 

 

「本品にはイミダゾールジペプチドが含まれるので、日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽減する機能があります。
身体的な疲労を自覚している方に適した食品です。」

 

 

との表示をすることがみとめられたのですね。

 

 

参考:機能性表示制度について(日本予防医薬)

 

 

これこそ、疲労回復、疲労軽減に最も適した食品と言えると思います。

 

 

このイミダゾールペプチドのドリンクにはお試し価格のキャンペーンがあります。

 

 

そもそもが1本税込270円もしない商品なんですが、10本セットを税込980円で購入できます。

 

 

栄養ドリンクは医薬部外品だったり、医薬品だったりするので、疲労回復の実感はありますけども、イミダゾールペプチドのような強力な抗酸化成分は入らず、ビタミンで代謝を促したり、タウリンなどの成分で代謝の要となる肝臓の機能を支えたするものですが、「疲れにくくする」という方向性ではどうも弱いようです。

 

 

イミダゾールペプチドは「日本予防医薬」により、「疲労しにくくする」という検証結果も発表されています。

 

 

参考:イミダゾールジペプチドで疲れ知らずに!?

 

 

なかなか栄養ドリンクに飲み慣れてしまって、回復しにくくなっていると感じるなどという方は、身体の疲れにくさを目指すイミダゾールペプチドのドリンクをお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

研究費総額15億円の”産官学連携プロジェクト”により誕生した疲労感軽減ドリンク「イミダペプチド」。最も強力な動物由来の抗酸化成分ドリンクです。

イミダペプチド


★イミダゾールペプチド成分は、動物の最も酷使する部位に存在する、疲労に対抗する抗酸化成分。数千km飛行が可能な渡り鳥の胸肉や、マグロやカツオなどの回遊魚の尾びれ部分に多く含まれます。


★ヒト臨床試験にて効果や長期摂取の安全性なども実証済み。消費者庁に機能性表示食品として届けられています。


★1日分の実感目安量イミダゾールジペプチド200mgを1本30mlの中に配合。


★ノンカフェイン。はちみつりんご味。22kcalの低カロリーで体に優しく、飲みやすいです。


★多くのメディアに露出し、2016年12月現在、販売累計1,800万本突破しています。ですが材料の絶対量が少なく、大量生産が不可能でほぼ通販のみの流通です。


★通常販売では、10本セット税込2680円。下の公式販売ページからは10本セットを税込980円でお試し購入できます。


評価:星5
これはなかなかよいですが…
ただ、栄養ドリンクとちょっと違って数本続ける必要があるようですね。実感的に。抗酸化成分なので。
お試し価格はもちろん特売栄養ドリンク並みに安いわけですが、通常価格10本セット税込2680円でも十分お得な内容かと思います。


「イミダペプチド」の公式サイトで詳細を確認。

グレー枠内の評価についてはこちらのページで解説しています。

※「疲れにくい体にする」それぞれの食品などの簡潔なまとめはトップページに記載しています。
下のバナーからトップページにアクセスしてください。 ↓↓↓↓
トップページに戻る

 

関連ページ

「抗酸化」を促進するサプリ 疲れからの回復を素早くする
このページでは抗酸化成分を主役級に扱っており、「疲れからの回復」「疲れに対抗する」ということがテーマにもできるようなサプリを掲載していきます。
血液浄化の抗酸化成分「サポニン」。男性の疲れやすさは血液が汚いことから。
男性の疲れやすさは血液が汚いことがけっこう大きな原因だと感じています。血液浄化の抗酸化成分「サポニン」を摂りましょう。
「青汁」抗酸化を促進。疲れにくくする力が強い
このページでは抗酸化力を維持するのに最適な、飲みやすく工夫された、青物の栄養価が特に高い高品質の青汁を掲載しています。
「アルカリイオン温泉水」が抗酸化力が最も強い水
このページは活性酸素を還元する水を主に掲載しています。アルカリイオン、マイナス電子を持ち、プラス電子を持つ活性酸素を還元する力を持つ温泉水を掲載します。