頭を使って脳が疲れたら太りやすいんですか?

脳の疲れがあるにせよ、食べ過ぎに気を付ければ太らないと思います…

こんにちは、片岡です。

 

 

僕の運営するホームページに「脳 疲労 太る」とか「脳が疲れる 太る」とかいう検索で来られる方がいらっしゃいます。

 

 

これって頭を使って脳が疲れると代謝が悪くなるとかで太るって意味?

 

 

資格の勉強

 

 

いやいや、頭を使って、脳が疲れることは太ることに直接は繋がりませんよ。代謝も悪くなりません。

 

 

太るのは基本的にはカロリー摂取とカロリー消費の問題です。

 

 

脳が関わるとすれば、頭が痛くなるような悩みのストレスで体調が悪化。それに対して元気を出そうと食べ過ぎたら太るかもしれません。

 

 

また、深夜の勉強時に、脳が使うエネルギーの補充をしようと、夜食などをついつい多く摂るとかすると太りやすくなりますね。

 

 

休憩時間に必ず缶コーヒー飲んだら糖分の取り過ぎ。

 

 

脳の疲れがあるにせよ、食べ過ぎ、甘いもんの取り過ぎに気を付ければ太らないでしょ~(;´Д`)

 

 

太ったら、原因は単に使いきれないエネルギーの取り過ぎです。

 

 

甘いものは確かに疲れは摂れますが、簡単に食べ過ぎたことになりやすい諸刃の剣。

 

 

疲れたら糖分を摂ったほうがよいのは確か。でもそれ以上に摂りたいのは…

 

 

の記事でも書いたのですが、脳のエネルギー源はブトウ糖(グルコース)だけと言われています。

 

 

血液中のブドウ糖のおよそ50%も脳が使ってしまうと言われれています。

 

 

そして、脳の働かせようによってはブドウ糖の消費量はそれ以上になるでしょう。

 

 

ブドウ糖のもとの栄養は炭水化物(デンプン)です。

 

 

ただ。このブドウ糖というのは、たくさんある糖の構成する最小の単位の呼び方です。

 

 

ですから、多糖類の炭水化物だけでなく、二糖類の麦芽糖(マルトゥース)、ショ糖(スクロース)などの糖類も、ブドウ糖が結合して形を変えているものであって、エネルギーになります。

 

 

参考:wikipedia グルコース

 

 

この糖類の中で、最もエネルギー価であるカロリーが高いのがショ糖(スクロース)なんですね。

 

 

ショ糖とは白砂糖です。

 

 

白砂糖は腸にて摂り込まれるスピードが速く、血糖値が一気に上がってしまいます。

 

 

エネルギーのもとは血液の中にある糖であるブドウ糖なので、脳が疲れて、脳にエネルギーを送り込みたいときは、確かに血糖を上げるのは間違いではありません。

 

 

ですから「疲れたら甘いものを摂ろう」は考え方として合っています。

 

 

脳は普段から血液中のブドウ糖のおよそ50%も脳が使ってしまうわけですから、「頭をずっと使って疲れたから甘いものを摂ろう」という考え方も間違ってはいません。

 

 

ですが、問題になるのは「糖分になるものの摂り過ぎ」です。

 

 

人の体は良くできていて、血糖値が上がれば、血糖値を正常値にしようと働きます。

 

 

冨栄養状態は体の器官のあちこちに支障を与えるからです。

 

 

ショ糖などの一気に血糖値が上がるものを摂ると、脳がそれを使うより前に、血糖値を正常に戻そうとするために、かなりの量のブトウ糖を脂肪に変えてストックしてしまうのです。

 

 

そして、皮下に溜めきれない分は内臓に溜めたり、ありとあらゆるところに脂肪として貯まることになるのです。

 

 

そう、「頭を使って太ったという人がいるとしたら」、

 

 

頭が疲れた、甘いものを摂ろう ⇒ 少し摂った程度だと思ったら実は摂りすぎで脂肪としてストックされる

 

 

ということの繰り返しをしていて、いつの間にか太ってしまっただけです。

 

 

問題は甘いものです。

 

 

尚且つ、夜に甘いものを食べると、夜、身体は脂肪として蓄えようとする性質があるので、より太りやすくなるということです。

 

 

できる限り太りにくいものを摂りましょう。難しいなら酵素サプリなどで消化の促進を。

 

では、脳が疲れたからってエネルギーになるものを摂っちゃダメなのかというと、ダメではありません。

 

 

摂り方の問題です。

 

 

なるべく

 

 

・消化のよいものを摂る

 

・血糖値を上げにくいものを摂る

 

・ミネラル、ビタミンが多いものを摂る

 

 

ようにするとよいですね。

 

 

「消化のよいものを摂る」…これはエネルギーとしてスムーズに使えずに、脂肪として体内に定着してしまうことを避けるために必要です。

 

「血糖値を上げにくいものを摂る」…これは上で説明しましたが、ショ糖などは一気に血糖値を上げるので、血糖値が急には上がらない果糖や黒砂糖などを使って物を摂ることことです。

 

「ミネラル、ビタミンが多いものを摂る」…エネルギー化するには、ミネラル、ビタミンが必要です。糖分ばかり摂ってもダメです。

 

 

これらの条件を満たすものって…ばっちりあてはまるのはイモとかですね、果物ですね。

 

 

でもこれらをわざわざ買いそろえるのはね…なかなか難しいですね…

 

 

お腹を満たすのではなく、ただのエネルギー補給なら、糖分が多すぎない、スポーツのエネルギー補充用の用のキャンディーなんかでも良いですね。

 

 

もしお腹を満たすために上に当てはまらないものを夜に摂ってしまったとかしたら、とりあえず酵素サプリを摂って、できる限り体に消化の負担をかけないようにしたほうがいいかなと思います。

 

 

酵素サプリにはミネラル、ビタミンなども入りますしね。

 

 

特に夜「しまった、食べ過ぎた!」と思ったら酵素サプリを飲んでおきましょう。

グレー枠内の評価についてはこちらのページで解説しています。

※「疲れにくい体にする」それぞれの食品などの簡潔なまとめはトップページに記載しています。
下のバナーからトップページにアクセスしてください。 ↓↓↓↓
トップページに戻る