疲れにくい体を作るには血行促進することを考えればよい。

こんにちは、片岡です。

 

 

僕のホームページに「疲れにくい体 筋トレ」という検索フレーズで来られる方がいらっしゃいました。

 

 

今日はこのテーマで書いていこうかと思います。

 

 

疲れにくい体を作るには筋トレしたらいいんでしょうか。

 

 

これについては前に

 

 

「疲れにくい体にするには運動すればいいのか?」

 

 

で、運動についてに書いた時も触れたのですが、疲れたというか、だるいという感覚は、血行不良でもたらされることが多いですから、血行をまずは良くすることを考えるべきですね。

 

 

普段が、今より血行が良くなれば、だるさは相当軽減するはずです。

 

 

筋肉に負荷をかけるのもいいが伸縮させたい。

 

血行不良は、いろいろな要素が複雑に絡み合って起きているわけですけども、筋肉が「硬直している」ということがとても大きいと思います。

 

 

疲れにくい体を作るには、筋トレは有効です。

 

 

筋肉が発達することで、基礎代謝が上がります。

 

 

つまり、筋肉を維持するために、エネルギーを消費しなければいけない量が多くなるということです。

 

 

筋肉が多くなることで、運ばれる栄養素、酸素量が増えます。

 

 

また、筋肉の隅々の筋細胞にまでこれらを送らなくてはなりません。

 

 

運動をするたびに、体温が上がり、血管の一酸化窒素量が増すため、血管が拡張します。

 

 

血管が拡張すれば、それだけ血流量が多くなって、運ばれる栄養、酸素、また、運び出される老廃物が多くなるわけです。

 

 

そうすれば、普段の血流量が多くなるので、体のだるさは軽減されます。

 

 

ただ、筋トレってけっこう敷居が低くないんですよね。

 

 

家でやる気出ます?

 

 

やる気出ない…

マシントレーニングをしようとしても、家では種類そろえることができないです。

 

 

まあ、通販でいろんな運動ができる、可変式の器具なんかもありますけども、やっぱり通販レベルのものだと、なかなか本格的に筋トレはできないので、続かないんですよね。

 

 

僕の場合、ジムに通わないと続かないので、ジムに通っています。

 

 

ただ、ジムに通っていると、筋トレよりも、実はもっと筋力をつけて、だるさを取るのには効果的な運動があることがわかります。

 

 

ウォーキングマシンじゃないですよ。

 

 

エアロビとか、きついです。

 

 

筋トレは、一つちょっと足りないところがあります。

 

 

筋肉は負荷をかけるだけだと、なかなか血行が良くなりません。

 

 

やっぱり、筋肉は伸縮させられるものなので、伸縮を伴う運動をしたほうが、血管の伸縮も加わるので、血行にはよいのです。

 

 

筋肉を伸ばせ、負荷をかけられるヨガ

 

そうですね。

 

 

ストレッチです。

 

 

もっといえば、ストレッチに対して、筋肉の負荷をかけられる運動が、もっとも効率的に筋肉を鍛え、血行を良くできる運動だといえるでしょう。

 

 

僕は最強なのは、ヨガなんだろうな。と、ジムに通っていて思いました。

 

 

ヨガ

ヨガスタジオなんかには、ヨガにもたくさんの種類があります。

 

 

  • 全身の筋肉を使いながら、カラダを引き締めていく パワーヨガ
  •  

  • 自分の歩き方の癖や骨盤のゆがみを認識・改善することを目的にする ダイエットヨガ
  •  

  • リンパのつまりやすい部位を中心に動かし発汗を促進する、リンパヨガ
  •  

  • 腸マッサージと、リラックスできるヨガポーズで腸内環境を整えようという、デトックスヨガ
  •  

  • 腹筋・背筋のバランスをよくすることでお腹を引き締める バランスヨガ

 

 

など、ホントにいろいろあるわけですが、ヨガは普段使わない筋肉に負荷をかけ、伸ばし、止め、縮め、そして大きく呼吸し、集中します。

 

 

集中が大きいので、同じ場所への負荷をかけ続ける筋トレを上回る運動効果をもたらすとされます。

 

 

筋肉の発達と、吸入酸素量が大きくなり、肺活量が増えることで、全身の筋肉だけではなくて、内臓器官を鍛えることも可能なのです。

 

 

これは全身の血行促進をもたらします。

 

 

また、内臓も鍛えることができるため、免疫力が上がってきます。

 

 

女性のプログラムばかりなのがネック…DVD見ませんか?

 

こんなすごい運動成果が期待できるヨガなのですが、参加できるスタジオは女性ばかり…

 

 

プログラムが女性用ばっかりなのですよね。

 

 

男性は恥ずかしくてなかなか参加できませんし、させてもくれません…

 

 

まあ、男性のレッスンできるところは増えてきましたけど、すごく少ないです。

 

 

仕方がないので、僕はヨガのDVDを買って、ジムが休みの時はやってますけども、ホント、気持ちいいです。

 

 

DVDには、男性でも有効なレッスンが掲載されてるのがありますから。

 

 

ポカポカして、ぐっすり眠れ、全身の疲れが取れますね。

 

 

マッサージ受けるよりいいかもです。(個人の感想ですけど。)

 

 

もちろん、負荷も筋トレより来ますね。

 

 

家で取るスペースは狭くてOKなのも魅力的ですね。

 

 

お勧めのDVD、ブックをいくつか掲載しておきます。

 

 

男女兼用です。

 

 

 

 

女性用です。

 

 

 

 

また、ヨガマットがあると、接地面が痛くなくていいですよ。

 

 

当サイト内で紹介している製品の項にございます、グレー枠内の「評価」について。こちらのページで解説しています。

※「疲れにくい体にする」それぞれの食品などの簡潔なまとめはトップページに記載しています。
下のバナーからトップページにアクセスしてください。 ↓↓↓↓
トップページに戻る

 

関連ページ

疲れにくい体にするには運動すればいいのか?
僕のホームページに「疲れにくい体 運動」という検索フレーズで来られる方がいらっしゃいました。 このテーマで書いていきます。
疲れると体調を必ず崩す。体質改善するには?
僕のホームページに「疲れると体調崩す 体質改善」という検索フレーズで来られる方がいらっしゃいました。このページではこのテーマで書いていこうかと思います。
筋トレでは疲れが取れないし続かないです…
僕のホームページに「筋トレ 疲れが取れない 続かない」という検索フレーズで来られる方がいらっしゃいました。もともと筋トレは疲れを取るためにやるものではありませんよ…。
心臓が悪いと疲れやすく眠い。改善は?
僕のホームページに「心臓が悪いと疲れやすく眠い」という検索フレーズで来られる方がいらっしゃいました。心臓が悪いと疲れやすいし、眠いのは間違いありません。
低血圧で眠気がどうしても取れない。改善方法は?
僕の運営するホームページに「低血圧 眠気 改善」という検索フレーズで来られる方が結構いらっしゃいます。低血圧で眠気がどうしても取れない。どうするべきなのか、ということについて答えているページです。